スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋の孵化音-Love Recipe- / 妃川螢
2011年02月01日 (火) | 編集 |
恋の孵化音―Love Recipe (ローズキーノベルズ)恋の孵化音―Love Recipe (ローズキーノベルズ)
(2011/01)
妃川 螢

商品詳細を見る

楽天さん→【送料無料】恋の孵化音-Love Recipe-(妃川螢)


べ・別にヒラヒラエプロンに心惹かれたわけじゃないからねっ!!

☆あらすじ☆
身体が弱かった幼い頃、苛められていた直生を守ってくれた『イチくん』。
ハツコイを胸に秘め恋愛初心者のまま管理栄養士になった直生は、ドクターズレストランの監修を医療コンサルティング会社社長の高澤に依頼される。沢山の人を美味しい料理で健康に――提案に目を輝かせた直生だが、当の高澤は野菜嫌いの偏食家で!?
高澤にも美味しい野菜をと奮闘する直生を、高澤は意味深な指先で翻弄する。ある日、なぜか高澤に深くキスされて!?
幼い記憶が紡ぐ、スローな恋v

幼い頃酷いアレルギー症状(アトピー)に苦しめられた直生。そんな直生が管理栄養士となったのは、同職に就く母の影響からでした。アトピーのせいで苛められる息子のために奮起した母は独学で勉強し、それが高じて学校へ。そして、ついには栄養士の資格まで取得したのです。

いや~、母の愛は偉大ですねぇ~。

そんな母の背を見て育った直生が同じ職業を目指すのは当然かな~。
管理栄養士となった直生はフリーで活動するようになります。そして、直生の元に仕事の依頼が。それは、ドクターズレストランの監修。

ドクターズレストラン・・・初めて聞いた。
これは、医師や管理栄養士・製薬会社がプロデュースする健康を考えたメニューを提供するレストランのことなんだそうです。

依頼してきたのは医療コンサルティング会社の社長・高澤。
しかし、こんな依頼をしてきた当の高澤は超!偏食だったんです!!
「食べ物が人間の体を作る」が信念の直生にとっては考えられないこと!!
仕事の傍ら、高澤にもおいしい野菜を食べさせようと直生は奮闘を始めます。

直生の奮闘の甲斐あって、高澤の偏食も徐々に改善。二人の距離も必然的に近づきます。
ある日、高澤が直生に聞きます「なぜ、管理栄養士になったのか?」
そこで、かつて自分は酷いアトピーだったこと、母が必死に頑張ってくれたこと、そして自分を庇ってくれた「イチくん」の存在があったことなどを話すんです。

イチくん、それは苛められてた直生を唯一庇ってくれた少年。
直生にとって彼はヒーローで、そして初恋だったんですねぇ。(ヒュー!

しかし、イチくんについて言った高澤の言葉で直生は激昂します。
そんな直生に高澤は突然キスしてきて・・・。
なぜキスを?突然の行動に何の説明もないまま翌日には押し倒されて。
そのことを幼馴染に気付かれ「ちゃんと確認しなさい」と言われてしまいます。
でも、体目当てなのかな?自分だけじゃないかも。そう思うと聞くことも出来ず。

ウダウダ・グルグルと思い悩む直生。
さらに高澤の過去と関係する、ある男にも悩まされて・・・。
すっかり落ち込んだ直生はスランプに陥ります。
そんな時頼るのが、母!
この母、なんとも伏兵でした~~!!
イチくんの正体について、とんでもない爆弾を投下してくれました!!笑

まあ、賢明な皆様ならイチくんの正体、お気づきでしょう!?
そうです!あの方です!!
この爆弾のおかげで、直生はやっと高澤から待っていた言葉を貰えます。
その後は仕事も無事成功!
なんと直生の母から交際(ってか結婚?!)のお許しも頂き、幼馴染からも祝福されちゃって・・・これ以上ない大団円で~~っす。ww

ちょっと上手く行きすぎ!?笑
しかしまあ、この作品後半は王道なBLといったテイストになってますが
前半はローフードのことがてんこ盛りで、これBL!?といった印象。
作者様が現在、同様な生活をされてらっしゃるからでしょうかね??
なんかBLっていうよりローフードを賞賛する本と言った感じで、自分的には少々読みにくかったかな。
勉強にはなるけどね、微妙だな(苦笑)

☆拍手、お礼!「(自分的)大事件!!」「甘えてください」に拍手
ありがとうございます!
スポンサーサイト
テーマ:ボーイズラブ
ジャンル:アニメ・コミック
和テイスト?
2010年04月22日 (木) | 編集 |
禁断ロマンス (アルルノベルス)禁断ロマンス (アルルノベルス)
(2010/03)
妃川 螢

商品詳細を見る

ロシアンマフィア×財閥の次男

お話、すっごい好みでした!
両親に愛されなかった受けちゃんが、仕事のためにマフィアと愛人契約を結ぶ。王道なスタートですよね(笑)こういった設定にありがちなベタな展開ではありましたが、とても上手く纏まってておもしろかったです!

ただ1点、自分的に気になったのは攻めの口調。
受けちゃんを「おまえ」と呼ぶシーンもありますが、基本「そなた」。
何だか平安朝に聞こえてしまうのは、りっこだけでしょうか?

貴族の末裔かもしれないという設定があったようなので
こんな口調にしたのかもしれませんが
ロシアンマフィアが「そなた」と言うのには少々違和感が・・・。
感情の起伏によって「おまえ」と「そなた」を使い分けるならまだわかるんですが、どうもそういうわけでもなさそうで・・・。
せめて、統一してくれた方がスッキリしたと思うんですけど。

この部分だけが自分的にちょっと・・・。惜しかったかな~?
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。