スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤の王 青の王子~蒼の光~ / chi-co
2009年12月10日 (木) | 編集 |
赤の王 青の王子―蒼の光 (白泉社花丸文庫)赤の王 青の王子―蒼の光 (白泉社花丸文庫)
(2009/07/17)
chi‐co

商品詳細を見る


☆あらすじ☆
現役男子高校生、異世界で神話になる!!

剣道の試合会場へ急いでいた蒼(高3)は、それが災いするとも知らず、バスの中でつい居眠り。
目覚めてみると、そこは古代異世界だった。
状況が把握できないまま蒼は金髪碧眼の美丈夫と出会うが、困ったことに言葉がまったく通じない。
あげく相手は何を思ったか、突然唇を塞いできた!
とっさに竹刀を構えた蒼だったが、優雅に跪いて謝罪の意を示した男は、なんと、蒼を宮殿へと連れていき……!?
――意思の疎通は全身でv現代高校生と王子様が紡ぐ、青の神話、いざ開幕!!

すばらしく(笑)ファンタジーでした!

ある日、突然異世界にトリップしちゃった蒼。そこはまさに『古代』。その世界では異世界から来た人を『強星』と呼び繁栄をもたらしてくれるとゆう伝説があるんです。そんな世界で王子・シエンと出会い恋に・・・とまさに王道です(笑)

ファンタジーでは、よく異世界にも関わらずあっさり言葉が通じちゃうことってありがちですけど、この作品では最初は全く通じておりません(まあ、正しいありかたですな!笑)
ですので、蒼は言葉を勉強するのですが、幼児語です(苦笑)
りっこ的には可愛いと思うんですけど、全編にわたってそうなので苦手な方には厳しい作品かもしれないですね。りっこも本来的には幼児語は苦手ですが、蒼というキャラが前向きで元気一杯の少年(と言っても高3だけど)な感じなので割と『似合ってる』と感じました。

通常よりも分厚い本でしたけど、とてもテンポよくサクサクと読み進めれる作品でした。
キャラのおかげもあって、シリアスなシーンでも暗くなりすぎず爽快な読み終わりです。

ただ、惜しいな~と思う点も・・・。
元々この作品は作家さんがweb上で公開してる作品の番外編なんだとか~。
その為か、世界観にちょっと厚みが感じられません。説明が一応されてはいますが、それだけでは不十分な印象を自分は受けました。出来れば本編の方も商業化して欲しかったかも~。先にね!これからでもいいけど・・・(笑)

作家さんのサイトの方で、この二人の番外が公開されてるようなので見に行ってみよーっと!!
スポンサーサイト
テーマ:BL小説
ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。