スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
溺れる彼の恋心 / 義月粧子
2009年12月28日 (月) | 編集 |
溺れる彼の恋心 (リンクスロマンス)溺れる彼の恋心 (リンクスロマンス)
(2007/10)
義月 粧子

商品詳細を見る


☆あらすじ☆
飲食店に勤める一哉は交通事故で腕に怪我をし、初めての恋人に手酷く振られ、惨めな生活をしていた。
寂しさを埋める為、男だけが集まるバーに向かった一哉は、知りあいの竜二に声をかけられる。
地味で後ろ向きな性格の自分とは違い、華やかな容貌で経験豊富な竜二の誘いに心惹かれ、家までついていく。
しかし、失恋したばかりなのに、すぐに別な男に惹かれる自分が節操のない人間に思え、二度目の竜二の誘いを断るが…。

とにかくネガティブ思考な受けちゃんが、成長していく姿は読んでて気持ちよかったです!
バイク事故で腕を怪我し、恋人にも振られてしまった一哉。しかも、バイクにタンデムした上での怪我だっただけに職場の仲間からも悪く言われ、休職せざれるを得なくなります。
孤独感に苛まれ、そこから逃れたくて男だけが集まるバーへと向かい、知り合いの竜二に声をかけられます。そして誘われるまま家について行ってしまいます。・・・と言ってもまだイタシテはおりませんので~。

経験豊富で甘い竜二の誘いに、一哉は惹かれるのですが、失恋したばかりですぐ別の男に・・・と言うのが無節操に思え二度目の誘いは断ってしまいます。けれど、会いたくなってしまい竜二の店(中華屋)へ・・・。会うことは出来ませんでしたが、訪ねてきたことを店員から聞いた竜二が一哉に会いに行った事で、なし崩し的に二人は付き合うことになります。さらには、竜二の店で働くことにもなるんです。

一生懸命に働く一哉はすぐに仲間から受け入れられます。そんなある日、竜二が実はバツ1であることを知ります。付き合っているとは言っても一哉はほぼセフレ。十分承知していましたが、竜二が更に遠い存在に感じられました。それでも関係を絶ちたくない一哉は一定の距離を保ちながら付き合っていくんです。

あ~、なんかこの辺は切なかったな~。

二人の関係はさて置き、仕事面では上手くいってたある日、あることが起きます。
竜二の片腕とも言えるミヤが、竜二の元妻と結婚したいと竜二に告白したんです。元妻に未練のあった竜二は激怒。ミヤをクビにしてしまいます。けれど、そうしたことにより仕事に悪影響が出始め、それを何とかしようと取った一哉の行動にも竜二は激怒し一哉はクビに・・・。

一度は深く落ち込みますが、立ち上がります!
ここからの成長振りが見ものなんです!!

たまたま入った潰れかけのレストラン。何か運命めいたものを感じ、ごり押しで就職します。
そして、これまでの経験や人脈を活かしマスター達とも力を合わせて再建するんです。
このことがタウン誌の記事になり、それを見たかつての仲間たちも次々と訪ねてきてくれます。
そして、とうとう竜二もやってくるんですね~。
失って初めて一哉の存在の大きさに、自分の間違いに気付いたんです。

なんとも一年以上ぶりの再会です!!
今度はちゃんと恋人同士という関係になります。
でもさすが元ネガティブ人間(笑)
竜二にとって一番特別は元妻だと、まだ思ってるんです~。苦笑
何のこっちゃない、結局は勘違いなんですけどね!
竜二はちゃんと『好きだ』と言ってるんですが、エッチの最中はぶっとんでる一哉が聞こえてないだけなんです(爆笑)どんだけ夢中だ!
実は、かーなーりー嫉妬深くて束縛しいな竜二さん。
けれどその束縛が心地いい一哉。
割れ鍋に綴じ蓋カップルの誕生です(笑)
スポンサーサイト
テーマ:BL小説
ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。