スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
老舗旅館に嫁に来い! / 小林典雅
2010年04月09日 (金) | 編集 |
老舗旅館に嫁に来い! (シャレードパール文庫)老舗旅館に嫁に来い! (シャレードパール文庫)
(2007/10)
小林 典雅

商品詳細を見る


☆あらすじ☆
日本に留学中のアメリカ人のジューナは、旅行代理店に勤める柊一郎と将来を誓い合った恋人同士。しかし、突如柊一郎が実家の老舗旅館を継ぐことになり、さらには親同士が決めた許婚まで登場する始末。突然の事態に困惑するジューナだったが、愛する柊一郎のため妻の座をかけ女将修行をすることに。日本の伝統としきたりに悪戦苦闘しながらも、板長や柊一郎らの支えにより奮闘するジューナ。だが頭の固い柊一郎の父から恋人同士の営みを禁止されたことにより、ささいな誤解が二人に破局の危機をもたらして...!? 若旦那と金髪の美青年の国境を越えた愛に老舗旅館の未来が託される!!

ジューナの個人旅行の応対をしたことで出会った二人。その後友人付き合いが始まり、いつしか恋人同士に進展。今では将来を誓い合うようになっています。ジューナの留学が終了したら一緒にアメリカに行きたいと思ってますが、柊一郎には踏み切れない理由があります。柊一郎は老舗旅館の跡取り息子なんです。けれど、別れる事はもちろん離れて暮らすことも考えられない二人は、時間をかけて対策を練ろうと話すのですが、ある出来事により状況が一変してしまいます。
その出来事とは、柊一郎の祖母と母の交通事故。母は亡くなり祖母も大怪我を負います。柊一郎は取りあえず、家業を手伝う為に実家に帰省。その知らせを聞いたジューナは駆けつけます。友人として過ごすはずが、思わぬ許婚の出現に思わず恋人宣言。更には女将の座を賭けて修行&勝負をすることに・・・。
いや~なんとも「おいおい!」な展開(笑)
でも、テンポがよく軽快な台詞回しでさく~と読めてしまいました!
それに何よりキャラがいい!!みんな自分の仕事にプライドを持って望んでるんです。

ジューナは柊一郎の父から厳しくしごかれますが、それも一流のもてなしを提供するには必要なしごきで。そのしごきに時には反発したり、涙したりしながらも必死で学ぼうと努力するジューナに思わず「がんばれ!」と言いたくなりました。

ただ、父とのやり取りや頑張りの方が目立ってしまって、ラブの方がないわけではないけど薄く感じられてしまったのが残念だったかな~。柊一郎の存在感が薄いと言うか・・・(苦笑)
結局、修行中のままだし・・・嫁に行ってないし・・・(笑)
出来ればちゃんと「女将」になって欲しかったかな~。

物足りない部分もあったけど、嫌なキャラがいないこともあって気分良く読み終えました。父以外は二人の関係に好意的だったし、許婚の麻衣子もサバサバしててフェアな女性だったんで。

しかし、この作品で一番気になったのって
「フランツって誰よ!?」って事のような気がする・・・。
スポンサーサイト
テーマ:BL小説
ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。