スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
罪作りな契約は恋する妖魔と / 五月緑子
2010年05月13日 (木) | 編集 |
罪作りな契約は恋する妖魔と (プリズム文庫)罪作りな契約は恋する妖魔と (プリズム文庫)
(2010/02/23)
五月 緑子

商品詳細を見る

☆あらすじ☆
退魔師の卵である史夫は、妖魔の相棒、統利とともに、人間に害をなす妖魔退治の仕事をする。
見た目はタヌキのような姿の統利ではあるが、それは仮の姿だ。
真実の姿をとるためには、史夫の〈愛〉が必要なのだ。
それも、体液を交換するたぐいの〈愛〉が。しかし、自分が生まれたときから側にいるタヌキのような存在は、史夫にとってペットや弟みたいなもので……。表題作+続編「蜜月にはまだ遠い」が収録されてます。

えーっと、ラブが見当たりませーん(笑)

退魔師の一族に生まれた史夫は、現在その卵。妖魔の統利とコンビを組んで妖魔退治の仕事をしています。本来、統利はとても美しい姿をしているんです。人型でも妖魔の姿でも。そして、強大な力を持っているはずなんです。
では、何ゆえタヌキのような見た目なのか・・・それは使役者たる史夫から精を貰えていないから。真実の姿・力をとる為には史夫の愛っちゅうか精・・・ようするにエッチしなきゃならんのですよ!
でも、史夫が拒否ること拒否ること(笑)

ケモノ姿なのもネックになってるんですが、基本的に男とエッチなんて考えられん!ってわけなんですね。でも、愛情はあるんです、ただし家族としての愛情。
おいおい、こんなで大丈夫か?ボーイズラブなんだぞぉ~?
まあね、ぶっちゃけエッチシーンはありました!妖魔との戦いで傷ついた統利を失いたくない一心で、力を与える為に致すのですが、これは恋愛感情から・・・と言う感じではなかったな~。苦笑
しかも、この戦いは統利を十分に使役したい一族が仕掛けた罠だった・・・っと。両親公認で人身御供にされちゃったんですね~史夫ってば。ご愁傷様っと!笑

続編「蜜月にはまだ遠い」
もう、題名の通りです(笑)なんとか一度はエッチにこぎつけたものの、今度は逆にそれが仇となって(死にそうに激しかったようです!笑)更に拒否る史夫。またまた妖魔との戦いの為にエッチはするものの~力を・・・以下略(笑)
最後までエッチをねだる統利と拒否る史夫の繰り返しでした。
おもしろいには、おもしろいですけどラブを期待する自分にとっては、残念なおもしろさ。単にコメディーとして見れば十分に面白いと言えるんですが・・・。

これから読む方はラブを期待しない様に!!笑
でも、タヌキ姿の統利はブサ可愛いです!
チュ~と口を突き出してたり、缶コーヒー飲んだり、温泉でプカプカ浮かんでたり。タヌキ姿で言動は人間。このギャップがモジモジするほど可愛い!!
BLとしてはオススメしませんが(失礼!)タヌキ本(?)としてオススメしたいです。
スポンサーサイト
テーマ:ボーイズラブ
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。