スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人類学者は骨で愛を語る / 高岡ミズミ
2010年05月16日 (日) | 編集 |
人類学者は骨で愛を語る (キャラ文庫 た 3-8)人類学者は骨で愛を語る (キャラ文庫 た 3-8)
(2010/02/27)
高岡 ミズミ

商品詳細を見る

☆あらすじ☆
人骨を見れば一目でその死因がわかる──21歳にして大学准教授で、将来有望な人類学者・御厨。未解決の少年失踪事件を追っていた私立探偵の坂巻は、調査中に御厨と出会う。頭脳明晰だけど天然な御厨は、理想的な黄金比率の骨格を持つ坂巻に一目惚れ!! これが初恋だという純粋さに、坂巻は不埒な欲情を煽られる。ところがある日、御厨の鑑定で、坂巻が捜す少年が殺されていたと判明し!? 

ファンの方には申し訳ないですが、高岡さんは当りハズレが激しいイメージがあって、最近どうも手を出しあぐねてました。でも、これは当りだね!
少し前に「BONES-骨は語る-」と言うアメリカのドラマに嵌りまして~(イカレタ殺人鬼の声をおのでぃがあててます!オススメだ!)骨を鑑定することで事件を解決するっちゅう話でして、おんもしろいんです!そのせいもあって余計に興味をひかれました。
まあ、BL作品ですので事件より恋愛がメインになっちゃうのが少しばかり残念ではありましたが、久々来たっ!って感じです~!


拍手、お礼!「愛の巣へ落ちろ!」「俺がいないとダメだから」の記事に拍手、ありがとうございます!!
元刑事の探偵・坂巻は中邑という男性から仕事を依頼されます。依頼内容は7年前に失踪した息子(貴治)を探して欲しいと言うもの。警察はすでに捜査を打ち切っていて、藁をもすがる気持ちでやってきてたんですね。難しいとは思いつつ、中邑の気持ちを汲み仕事を引き受けます。早速、捜査に乗り出す坂巻。そして、貴治が教会に出入りしていたと言う情報を得、その教会へと向かいます。

ちょうどその頃、教会の裏山の洞窟で20体以上の人骨が発見され、鑑定の為人類学者・御厨がやってきてたんです。御厨は不躾とも取れるほどに坂巻を凝視。その視線に耐えかね、つい手伝いを申し出てしまうんです。

この視線の理由は、坂巻の骨格。骨が恋人と言う御厨にとって坂巻の骨格はまさに理想。まずは骨格に惚れ、さらには人柄にも惚れたようなんですね~。笑

けれど、惚れたといっても自覚はないんです。なんたって御厨は、すんごい初心っこで色恋とはとんと無縁だったから!優秀な頭脳を持ち、21歳で准教授と言う地位にいながらその手のことには、無知。まさに純粋培養。
そんな御厨をうま~く誘導してくれるのが、恩師・小野塚。彼もとても魅力的なキャラです!言動の全てが温和で紳士的。そんな彼の元にいるから、21とは思えぬ程礼儀正しく・丁寧な口調、そして純情でいられるのかな・・・?

まあ、純情ゆえか小野塚の助言で坂巻が好きだ!と自覚してからの行動は積極的以外の何者でもなく(笑)さすがの坂巻もタジタジになるほど!なんたって、押しかけて押し倒す勢いなんですもの~(笑)こんな情熱的に告白されちゃあねぇ、坂巻の御子息が反応しちゃってもしょうがないよね(苦笑)
受けがグルグルするのは、よくありますが今回は攻めがグルグルしてますよ~。そんな坂巻に相棒の加納が「恋が生まれる法則」とやらを語るんです。

洞窟で発見された人骨は150~200年くらい前のものと判明します。ただ1体分を除いては・・・。1体だけ新しい人骨だったんです。鑑定の結果、坂巻が探していた少年・貴治のものと判明。この結果は、すぐに父親・中邑に報告されました。中邑は新たに犯人の特定を坂巻に依頼します。

そして、この事件を追ううちに加納に言われた「恋が生まれる法則」に当てはまる出来事が次々と起こるんです。

事件・恋の行方は本編をどうぞ!
土ワイ風味(あとがきより・笑)でドキドキ・ハラハラです。
ただ、そうですね~事件に関してはあまり後味のいいものとは言えないかな。いろんな意味で悲しい事件だったな・・・っと。
恋に関しては、御厨の意外なまでの用意周到さと積極的な言動を、お楽しみください!笑
ついでに言うなら、坂巻は結構ヘタレだと思います!!!
スポンサーサイト
テーマ:ボーイズラブ
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。