スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手をつないで、ずっと / 真先ゆみ
2010年06月18日 (金) | 編集 |
手をつないで、ずっと (リンクスロマンス)手をつないで、ずっと (リンクスロマンス)
(2010/05)
真先 ゆみ

商品詳細を見る

☆あらすじ☆
親友に片想いをしていた大学生の静和。長き恋も失恋に終わり、一人でバーでやけ酒を呑んで酔っぱらってしまう。
帰りがけに暴漢に襲われそうになった静和は、バーテンダーに助けられるが、彼は同じ大学で「孤高の存在」と噂される椿本だった。
椿本とは話もしたことがなかったが、彼の家に連れていかれ、失恋で痛む気持ちを素直に打ち明けると、椿本に突然「好きだ」と告白され……。

なぜだろう、真先さんの作品を買うとだいたい【雑誌掲載作+書き下ろし】と言う形態なんですよね~。じっくり・がっつり読みたい自分としては、いつも惜しいな~と思ってしまうんですよ!今回もやっぱそう感じてしまった部分がありましたね~。
でも、キャラ(特に攻の独占欲バリバリ具合!)はかなり好みでした!!
ずっと親友に片思いしてきた静和。けれど、親友は口説いてきた相手と晴れて結ばれ、恋人に。
お話は静和が失恋するところから始まります。
一人、バーでやけ酒を呑んでいた静和ですが、バーを出たところで酔っ払いに絡まれてしまいます。それを助けてくれたのが、同じ大学の椿本でした。彼は静和が呑んでたバーでバーテンダーをしてたんですね。

そのまま、静和は椿本の家に。まあ、正確には酔いつぶれちゃったんですけど(苦笑)
そこで静和はやけ酒の理由を椿本に言い当てられてしまいます。
話もしたことないのに、なぜ・・・?
それは、ずっと椿本は静和を見てきたから。

「慰め役。避難場所。憂さ晴らしの相手。気分転換のお供。なんにでも付き合ってやる。だから、俺と前向きに付き合ってくれ」

なーんて、告白されちゃうんですよ!お前、本当に大学生か!?笑
ま・ま、こうしてお友達な感じから二人のお付き合いが始まるんです。
でもね、親友への思いってのは消えてないんですよ。それなのに、椿本に甘えてもいいのか?ってグルグルと思い悩むんです。そんな静和を椿本は受け止め、甘やかすんですよ~。
そうすると静和の気持ちも椿本に向いちゃうってもんです!!

ただですね~ここからがちょっと急展開すぎるように感じたんですね。
このように椿本は【器の大きな男】【頼れる】【大人】といったイメージがついちゃったんですが、静和の部屋に親友が訪ねて来ている所に鉢合わせした際、嫉妬しキレちゃうんですよ。
これまでの言動からすると、あまりに突然って感じがしちゃってこちらはちょっと置いてきぼりを食らった印象。まあ、これまではただ本性を隠してただけみたいなんですけど。

恋人同士になってからは独占欲丸出しです(苦笑)
でも、なぜか静和本人には伝わってないんですよね~。
だからちょっとしたことで、グルグル~っとしてみたり。
でも、こうやってちょっとしたことで不安を感じたり嫉妬したりって確実に椿本に対する静和の気持ちが大きくなってる証拠ですよね!

ただ、またまた言いますよ?少々残念に感じた点。
書き下ろしの方でも椿本が嫉妬心を爆発させるんです。
この時の原因が親友。
親友が静和の部屋に泊まったことにキレるんです。
表題作と展開が被るんですよね~。
これには、「えっまた!?」とちょっと思ってしまいましたかね。

静和は、たびたび男からナンパされてたり話しかけられてたりしてるんで、2回目のアテウマはその中からでもよかったのでは?なんて思ってみたり・・・。
いや、そもそも椿本がキレた理由を自分は上記だと思ってるんですが、静和の考えでは違うようで・・・。
なんだろう、静和の捉え方・読み手の捉え方・椿本の行動がチグハグに思えるんだけど、それって自分に読解力が足りないせいなんだろうか・・・?

まあ、そこはさて置き・・・。
やっと椿本の独占欲の強さを知った静和ですが、恋愛に慣れてないせいかむしろ「愛情深い」とありがたがってます(爆笑)
割れ鍋に綴じ蓋でも、望むところだ!と大変男前~。笑

もう1篇の書き下ろしは、親友カプと静和でのお食事会。
ずっと、親友の恋人が気になってたんで読めて嬉しい!!
ツンツンと気が強そうだけど、一旦打ち解けるとすんごく素直になりそうな子。
ページ数が短いのが残念ですね。是非、このカプで1作!
そして、今度はお食事会に椿本も参戦させて欲しいなぁ~。
天敵の親友の前で、どんな言動をするのか大変気になります!!
スポンサーサイト
テーマ:ボーイズラブ
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。