スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕を縛る欲望 / 御堂なな子
2009年05月26日 (火) | 編集 |
僕を縛る欲望 (角川ルビー文庫)僕を縛る欲望 (角川ルビー文庫)
(2009/05/01)
御堂 なな子

商品詳細を見る

あとがきを拝見するに、これがデビュー作品のようですね。ほ~~。
意図したわけではありませんが、「縛る」という言葉がついた作品が続いちゃいましたね(汗)
まあ、趣は全く違いますが・・・。
今日は(いつも?)感想というよりもつぶやきに近いかも~。
義父の死により突如1億円という、莫大な借金を背負うことになった大学生の藤生祐。
そんな祐の前に現れたのは、借金先である投資会社の社長・神崎章悟だった。
逃げられないように神崎に連れ去られ、「貸した金を回収するまで、お前は俺のモノだ」と祐は無理矢理押し倒されてしまう。
何もかも奪われるように陵辱され反発を覚えるけれど、一緒にいるうちに神崎の不器用な優しさに気付いて……?
ツンデレ社長×素直で前向きな大学生のお金からはじまる恋の物語v


・借金のかたに連れ去られる
・傲慢で冷酷だと思ってた攻めの不器用な優しさ
・親友からの告白
・攻めはペット(犬)を飼ってます(←これ重要!自分的に)

こんだけ好き要素があるのに、なぜか今一つ萌えきれませんでした。たぶん、神崎の気持ちがかなり早い段階でわかっちゃうような書かれ方だったからかな~?
最終的に、実は神崎は前々から祐のことが好きで~って事になるだろうとはわかってるんですけど、あまりに早くわかっちゃうと拍子抜けしちゃうというかね・・・。

義父の法要の席から、借金のかたとして連れ去られます。連れて行かれた先は、神崎の自宅。今日からここに住めというのですよ。もちろん、祐は抵抗しますよ。そして、その諍いから無理やり抱かれてしまうんですね~。ここまででね~、わかっちゃうんですよ(苦笑)神崎ってば、祐のこと好きなんだな~って。ちょっと、早いな~(笑)もう少しもったいぶって欲しかった!

無理やり抱かれてしまった祐の神崎に対する評価は最悪です。親友の純也に泣きついて逃げようとするんですが、上手いこと根回しされて断念。
けれど、大学の学費を払ってくれたり、家事に値段をつけアルバイトさせてくれたりと不器用な優しさを目にしてだんだん評価が変わっていきます。
この辺りの神崎のツンデレっぷりはいいですよ(笑)可愛いです!
二人の距離がどんどん近づきますよ~。

ある日、祐は神崎と共に経済人が開くサロンに出席することになります。
そこで親戚と会ってしまうんですが、この親戚は神崎のことを恨んでるんですね~、自分達の会社が苦境に立たされてるのは神崎のせいだって。
言い合いになり、カッとなった親戚はワインをかけようとします。それを祐が庇います。
面白くない親戚は祐のことを愛人呼ばわりするんですね。
そして、その言葉をちゃんと否定してくれない神崎にショックを受けます。この時、自分の感情に気づくんですね~。いつの間にか好きになってることに。祐は逃げ出します。

逃げ込んだのは親友、純也の下でした。泣きながら神崎が好きだと告白するんです。
お約束的展開ですが、純也は前々から祐のことが好きだったんですね。その相手が無防備に泣いてちゃあね~、我慢の限界ですよ!押し倒し抱こうとしますが、これもお約束~神崎が助けにきます!

助け出し、思いを伝え合ってやっと収まるところに収まりますよ!
なんか、ここまでくるのにえっらく長く感じたな~、この作品・・・。
自分の中では、作品の中ほどくらいで、もうくっついてる気分だった(苦笑)


そうそう、4項目目の「攻めは犬を飼ってます」これ、重要よ!動物好きとしては!
時に、メインカップルより動物に夢中になってることがあるくらいだもん!
まあ、これはわがままだってわかってるけどさ~言いたいのさ~
せっかくペット飼ってる設定なんだから、もっと出して~~!!出して~~!!
案外、これが萌え切れなかった一番の要因なのかも・・・(苦笑)
スポンサーサイト
テーマ:BL小説
ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。