スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつかお姫様が / 久我有加
2010年06月24日 (木) | 編集 |
いつかお姫様が (新書館ディアプラス文庫 242)いつかお姫様が (新書館ディアプラス文庫 242)
(2010/06/10)
久我 有加

商品詳細を見る

☆あらすじ☆
広い肩幅、長い脚、切れ長の双眸と隆い鼻、だが中身は三枚目寄りの二枚目半。
それが世間の開士に対する評価だが、市村だけは違った。
焦げ茶色の柔らかな髪に象牙色の滑らかな肌。
彼の方こそよほど綺麗な容姿をしているくせに、開士をまるでお姫様のように大切に扱ってくれるのだ。
最初は戸惑っていた開士だが、いつかそれにドキドキしている自分に気付き……!?
キレイ系王子様攻×オトメ系男前受の学園ラブv

ほ~、久我さん10周年ですか!?もう、そんなになりますか!?
デビューされたばかりの頃に作品を読ませていただきましたが、なぜか以降パッタリと・・・。たぶん、その頃の萌えツボが今と違ったんでしょうね~(笑)
未だに方言って苦手なんですが、この作品に関しては気にならなかったな。
この作品は表題作+「白雪王子」の2篇からなっています。
表題作が出会いからくっつくまで。
「白雪王子」がくっついてから2年後のお話。

開士と市村が初めて口をきいたのは、共通の友人が振られたのを慰めようとしたのがきっかけ。それから、二人の友人関係が始まります。
ガタイもよく、男前な見た目の開士に市村はまるで、女の子に対するように気遣ったり優しく扱うんです。そんな市村の態度をイヤに思うどころか、嬉しいと感じちゃうんです!それから、どんどんドキドキするようになっていって・・・。

開士視点のお話なので、市村の言動にいちいちドキドキしてるのがよーく伝わってきて、思わずにやにや。それに開士が見た目は二枚目でも中身は三枚目寄り・・・と言う設定のお蔭でしょうか。
ドキドキのしっぷりも、どこかコミカルなんです。
オトメ受なんだから!とポエムのような独白をされたら引いちゃいますけど、その後にキッチリ(?)セルフ突っ込みが入ってるので読みよい!重くない!

そして、何より開士に対して好感を感じるのは「ポジティブ」だと言う点。
ガタイや見た目がこういった設定の場合、受が気にして身を引こうとする事が多いと思うのですが、それがないんですよね。
むしろ過去にトラウマがある分、市村の方がネガティブでヘタレ(笑)

市村が可愛いと思うのは昔から一般的には「カッコいい男の子」なんです。まあ、捻くれた人間でない限り、誰でも可愛いと思う子には優しくしたいですよね!子供の頃、そうした事で「キショイ」と言われたことがあるんですよ。それがトラウマとなり、言動には気をつけるようにしていたんです。

けれど、好意を持っていた開士と思いがけず仲良くなれて、ストッパーが外れちゃってたんですね。それを開士に言われた言葉から気づくんです。慌てて普通の友人に対するように接し始めるんですが、その態度の変化に開士はショックを受け、ショックを受けたことで開士は自分が市村を好きになってたことに気づくんです。でも、ここで開士らしいのが、態度の変化についてしっかり市村に噛み付いてんですよね(苦笑)

よかったね!市村。お蔭で告白しやすくなったよ?

開士がオトメらしく、そっと身を引くタイプだったら永久にくっつかないだろうな・・・。オトメだけど(中身も)男前なんだよな~、開士(笑)

表題作は、告白してくっついてチュウだけで終わってるんです。この点もすごくよかったと思いますね!雑誌掲載作だったようなんですが、大抵そうゆう作品には不満を覚えるんです。と言うのも、とにかくエッチまで持っていくために無理矢理な展開が目に付いて楽しめないことが多いんです。
必要なのは「エロ」より「萌え」!!
(たまにエロ・エロ言ってることあるけど・・・)
それに、むしろお話的にエッチなしの方が納得いくかな。

そして、二人が本懐を遂げる書下ろし「白雪王子」。
設定がなんと!2年後!!
2年もプラトニックを通したのか・・・コイツら。すげえぜ。
でも、ちゃんとそこに至りたい気持ちはあるわけで・・・。
悶々とする開士の態度をネガティブ市村が誤解してみたり、時は受験シーズン、思いがけない結果にさすがの開士もおたついたり。

けれど、市村の誤解を解くために素直に白状するのが、さすが開士!
しかも、自分は受だ!と受け入れてる辺りがあっぱれ(笑)
ちゃんと自分で調べてるし~~(笑)
無事、本懐も遂げ大学も合格!万々歳のラストでした!
やっぱ恋人同士、同じ大学に合格するって一大事よね~。

最近、学園物に萌えにくくなってるんですが、この作品はおいしくいただきました!
これを機に久我さん作品をボチボチ読んでみようかな~?
スポンサーサイト
テーマ:ボーイズラブ
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。