スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
甘い罪のカケラ / きたざわ尋子
2010年07月22日 (木) | 編集 |
甘い罪のカケラ (幻冬舎ルチル文庫)甘い罪のカケラ (幻冬舎ルチル文庫)
(2010/06/15)
きたざわ 尋子

商品詳細を見る

☆あらすじ☆
人には言えない事情で家出中の立花智雪。
所持金も底をつき、やむなく売春に手を染めようというところを、ある男に補導を装って阻まれる。
実は保健調査員だった男・橘匡一郎から久々のまともな食事を与えられた智雪は複雑な身の上を話してしまい、その”事情”に興味を持ったらしい匡一郎に買われることに…?
書き下ろしも収録し、待望の文庫化!!

2000年に新書で発売された作品の文庫化です!ええ、もううっかり書き下ろしに釣られて買っちゃいましたよ(苦笑)内容覚えてるつもりだったんですが、結構忘れてて(笑)新たな気持ちで楽しんじゃいました!
うう~ん、やっぱ好きだな・・・この作品!

何がいいって主人公が家出少年だってことかな(笑)自分でもよくわからんが、好きなんだよね~家出少年って設定。それも智雪は、やむにやまれぬ事情で家出してきてるんですよ!その事情と言うのが、人の死期がわかるという特殊能力のせい。その為、家族ともぎくしゃくし学校でも上手く行ってなかったんですね。
それを苦に思って・・・と言うよりも、家族に気を使わせたくないと、家族への愛ゆえに家を出ちゃったわけです。

しかし、家出したものの有り金を使い果たし、売春に見せかけて客の金をかっぱらおうとしたところで出会ったのが、匡一郎(攻)でした。そして、ホテルへ連れて行かれます(エロい意味ではなく)。ルームサービスで食事を頼んでくれますが、智雪は素直に手を付けません。業を煮やした匡一郎は、家出の理由を話すのと交換条件だと言い、智雪も「どうせ、行きずりの相手」と思い話すんですね。しかし、その後売り言葉に買い言葉となってしまい、智雪は匡一郎にイカされてしまうんですよ。最後まではされませんでしたが、それでも智雪は「売春なんてとんでもない!」と思い、おとなしく匡一郎に従います。

そして匡一郎が言い出すんですね、智雪の能力が仕事の役に立つかもしれない・・・なんて。これまで忌まわしいものでしかなかった能力が必要とされるなんて智雪はビックリですよ!そう言えば、自分の能力について話したときも匡一郎は驚きもしなかったんです。実は匡一郎も「ある能力」を持っていたんです。
その後、智雪は匡一郎と一緒に住むことになるんですね~。

匡一郎は保険Gメンという仕事についてるんですが、元SPということと能力者ということもあって警察にも籍があり協力しているんです。その為、この後智雪も事件に巻き込まれたりしてなかなかスリルも味わわせてくれる展開となってます!それに匡一郎やその周りにいる人達と出会ったことにより、これまで感情を出さず人形のように生きてきた智雪も人と関わる事を覚え変わってゆきます。もちろん!匡一郎との関係も・・・。
匡一郎も過去に色々あって、かなり荒んだ生活をしてたんですが、智雪との出会いにより変わるんですね~。

もうね!後半は甘いよ~~(笑)匡一郎甘やかしまくり!!
歳の差物の醍醐味ですよね!この甘さ(笑)

ところで、この作品って確かシリーズになってましたよね。
このあと2作だったかな?あったと思ったんだけど・・・。
それも、今後文庫化されるんですかね?あとがきでは触れられてなかったけど。
確か甘さが更に増してたような・・・(笑)
もっと色んな事件に巻き込まれていたような・・・(笑)
りっこさんの残念な記憶によればね!

歳の差物で甘々スキーな方は、是非どうぞ!!オススメです!
スポンサーサイト
テーマ:ボーイズラブ
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。