スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドクターの恋 / 小川いら
2009年06月04日 (木) | 編集 |
ドクターの恋 (幻冬舎ルチル文庫)ドクターの恋 (幻冬舎ルチル文庫)
(2009/05/15)
小川 いら

商品詳細を見る

いらさん、お久しぶり!なんて思ってたんですが、よく考えたら「真夜中の睡蓮」読んでたんだった・・・。この作品、外科医×麻酔科医です。初めて知りましたが、麻酔科医ってハードな職業だったんですね~。大きな怪我も病気もしたことないので、お世話になったことないので全く知りませんでした。いつかお世話になることがあったら邪な目で見てしまいそうだ・・・。

★あらすじ★
不眠症の麻酔科医・佳山は、アメリカ帰りのエリート外科医・徳原に食事に誘われ、最初の夜に身体を重ねてしまう。
そんな事のできる自分に驚くが、徳原には遊び慣れていると誤解されてしまい、その後も割り切って楽しんでいるフリで情事を重ねることに――。
徳原と寝てから不眠症は治ったが、本当の自分を隠したまま抱かれるのが辛くなり……。
麻酔科医の佳山譲は、病院での激務やベテラン医師からの嫌味にストレスを感じ、不眠症になっています。そんな譲が勤務する病院に、エリート外科医・徳原が赴任してきます。徳原はゲイである譲の「好みのタイプ」でしたが、恋愛に対して臆病なところのある譲は、意識しているにもかかわらず、それを認めたくないんですね~。もう、しっかり「恋の芽生え」状態だと思うんですけどね~・・・。

ある日、譲は徳原から食事の誘いを受けます。しかも、徳原は実はゲイで男として譲に興味があると言うんです。「同類の方」はわかるとは、よく言いますが正に見抜かれちゃったわけですよ。
妙なところで天邪鬼なんだな~譲は。ドキドキしちゃってるくせに「なびいてる振りしてギリギリでかわしてやる~」なんて思いながら食事の誘いを受けるんですよ。けれども、そんな計画通りに進みませんよ~!そりゃそうだ!進んじゃったら話が終わっちゃうよ!
しっかりと、いただかれちゃうんですね~。しかも、譲の見た目や態度から「遊びなれた男」と誤解までされちゃうんですよ。早々にそうではないと言えば良かったのに、小芝居しちゃうもんだから~。
回数を重ねる毎に言い出せなくなっていってしまうんですね~。精神的に不安定なはずなのに、あら不思議!不眠症は治っちゃうんです(苦笑)
誤解を解くことが出来ないまま、譲はどんどん徳原に惹かれて行くんです。傍から見てりゃね、完全両思いなんですけどね~(苦笑)本人たちはね~気づかないの。徳原が言いかけることがあるんですけど、聞き取れなかったり邪魔が入ったり・・・。勇気の出ない譲は改めて聞くこともできず・・・。

そうやってグルグルしていると、徳原にはアメリカに恋人がいるらしいと言う噂が・・・。これを知った譲は、自分は日本にいる間の繋ぎにすぎないと勘違いしちゃうんです。この勘違いを正せるチャンスがあったのですが、間の悪いことにガス爆発事故が起こり、多数の重症患者が運び込まれてしまいます。緊急手術を行うこととなり、麻酔科医である譲は2つの手術を掛け持ちします。この時、自分が伝達をし忘れたことにより、研修医がミスをしちゃうんですね。徳原は譲を叱責し、研修医と交代しようとした譲にそのまま研修医に続けさせるよう言うんです。研修医に自分の場を奪われたと思った譲は心に深い傷を負います。
これ以降、譲の徳原に対する態度は、頑なになってしまうんです。徳原は話をしようとするんですけどね、譲にはそんな余裕もなくって。かろうじて、遊びなれた男と言うのは間違いだと誤解は解けるんですが、譲は二人の関係を終わらせる気になっちゃってるんですね。

終わらせる気のない徳原は、譲を自宅に連れ帰ります。熱心に話をしようとする徳原に譲は折れます。徳原は誤解していたことを誤り、恋人についてのことも語ります。噂になっていた恋人と言うのは、実はすでに亡くなっていたんですね。担当医と患者として出会い恋に落ちたのですが、徳原は彼を救うことが出来ず、打ちのめされ日本に帰ってきてたんです。けれど、帰国後赴任した病院で譲と出会い、まずは麻酔科医としての姿勢に惹かれ、その後関係を持ってからは譲個人にもどんどん惹かれていってたんですね。最初にボタンを掛け違えたために、ずいぶんと長くかかっちゃいましたよ(苦笑)全ての誤解が解けてやり直すわけですね~。

そうしますとね!これは下世話な話題になっちゃいますが(笑)徳原の抱き方がかわるんですよ!今までは猫を被って紳士的(徳原談)だったのが、ちょっと意地悪で激しい(譲談)んですよ~。
いや~、りっこ的にはもっと激しくてもい・・・ゲフンッゲフッ!

後日談では、徳原視点で書かれてます。ふう~ラブラブですな・・・。
スポンサーサイト
テーマ:BL小説
ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。