スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨上がりの10年目 / 新井サチ
2009年06月05日 (金) | 編集 |
雨上がりの10年目 (キャラコミックス)雨上がりの10年目 (キャラコミックス)
(2009/05/25)
新井 サチ

商品詳細を見る

何気に作家買いしちゃってます!BLでは4冊目。そう、BLではということは以前は少年漫画を描かれていたそうです。そう言われれば絵柄なども、それっぽいような・・・。この作品、表題作の他に読みきりが2作品同時収録されてたんですが、りっこ的には読みきり作品の方が好きだったかも・・・。でも、感想は表題作でいきまーす!

★あらすじ★
忘れられない初恋を引きずって、早10年――。
わざと会わないようにしていた花島は、職場で偶然フラれた相手・黒瀬と再会!
ところが、昔の優しい面影はあるのに、黒瀬の態度はなぜだか冷たい。
――フラれたのは俺なのに、その理不尽な態度はいったい!?
さらに顔を合わせるたび、事あるごとに絡まれちゃって!?
花島には忘れられない恋があります。そのため誰と付き合っても上手くいきません。現在も、恋人から同棲を申し込まれてるんですが、答えられずにいるんですね~。

出社した花島に、ヘッドハンティングで入社した男が紹介されます。それは、忘れられない恋の相手で10年前に振られた黒瀬でした。ずっと避け続けてたのに再会しちゃうんですね~。しかも、二人で組んでコンペに参加するよう上司に言われちゃうわけですよ!一緒に仕事を始めるんですが、黒瀬の態度が自分にだけキツイんです。振られたのは自分の方なのに、なぜそんな態度なのか全くわからないんですね~、それに恋人からの同棲の申し込みにも答えを出さなきゃいけなくて、花島は眠れない日々を過ごします。どうにか、コンペまで漕ぎつき、自分達の案件が通ります。みんなが喜ぶ中、眠れていなかった花島は体調を崩します。心配し話しかけてくる黒瀬を見て気づくんですね、自分は恋人に黒瀬を重ねていたことに・・・。なんか展開が急なんですよね~、ここ。まあ、流しますが・・・。
それに気づいちゃった花島は、恋人と待ち合わせた店に行き、同棲を断り別れを告げます。そして、体調を心配し追いかけてきてた黒瀬と店を出たとこで倒れてしまうんですね~。

倒れた花島を連れ、黒瀬は自宅へ。気がついた花島は帰ろうとします。花島としてはね~、恋人とのやり取りと言うか「黒瀬に似た恋人」を見られちゃっていたたまれないわけですよ。だからね、もう言っちゃうんです、未だに引きずってる事を!
それに対し黒瀬も引きずってると告白するんですね。10年前、花島が告白したときに迷惑そうな顔をされたことで、振られたと思っちゃってたんですけど、実は勘違いだったわけです。黒瀬の方も花島に惹かれてたんですね~。その告白で気づいたんです。いや~もう!ちゃんと確認とろうよ~!
くっつくのに10年もかかったんですからね、萌え萌えなエッチを期待してたんですが・・・チューとおさわりだけでした・・・。それも2Pちょい・・・。もの足らんぞ?おい!

お付き合いの始まった二人ですが、登場します!お邪魔虫が!お互いの元カノ・真紀と元々カレ・直哉です!どちらも今回の仕事相手として再会し、そしてどちらもヨリを戻したいと言うんですね~。元カノに全て話したいと黒瀬は言うんですが、自分が直哉に話すのと違い、立場を考えて黙ってた方がいいと花島は止めます。そりゃあ、普通は止めるよね・・・。けど、言わなかったことでちょっとづつすれ違っちゃうんですよ。もう!見ててイライラよ!花島はグルグルしちゃうし、止められたからって律儀に黒瀬は言わないし~。結局、真紀には花島が告げるんです。「普通じゃない」「迷惑がかからないとも限らないじゃないか」と真紀は責めます。それに対し、「何があっても、黒瀬の人生を守りたい。黒瀬の人生をください」と土下座までするんですね~。ちょっとあっけないですけど、これで真紀は負けを認めるんです。全て話したことを黒瀬に告げます。それを聞いた黒瀬は直哉の元に向かい、こちらも決着をつけます。恋愛につき物の「障害」を乗り越えましたんでね!ねっ!
本懐ですよ!待ってましたよ!・・・う~ん、攻め方が大まかではないでしょうか・・・?
さかさかっと挿入まで行っちゃったような・・・やっぱりもの足らん・・・。

申し訳ない!正直に言うと、全般的に物足らなさを感じちゃう作品でした。たぶんですけど、攻めさんがとても常識人だったせいじゃないかと・・・。他の作品での攻めは、割と個性的なんですよ。薄ボンヤリさんとか、強引傲慢とか。りっこは、新井先生のギャグっぽいこまが好きなんですけど、今回はそのタイミングも今一つだったと感じてしまいました。読みきりの「甘いよ、せんせい」はもろ好みだっただけに、表題作に萌え切れなかったのが残念無念・・・。でも、新刊でたら買いますけどね!!次回は、薄ボンヤリさんがいいな~♪
とっても、いい感じなんですよ~ボンヤリ具合が!お勧めです!



「ドクターの恋」に拍手くださいまして、ありがとうございまーす★
スポンサーサイト
テーマ:ボーイズラブ
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。