スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その男、取扱注意! / 成宮ゆり
2009年06月07日 (日) | 編集 |
その男、取扱注意! (角川ルビー文庫)その男、取扱注意! (角川ルビー文庫)
(2009/05/01)
成宮 ゆり

商品詳細を見る

さっき記事が消えてしまいました・・・(泣)心が折れてます~。
なので、端折って端折ってお送りします~。ちくしょ~、どこ行った~記事~~(号泣)


追記:端折ったつもりがそうでもなくなりました(苦笑)おかしいな・・・結構な長さだぞ・・・?

★あらすじ★
工事現場で働く佐伯は、気が向いたら男女問わず寝てしまう節操なし。
隣に引っ越してきた真面目そうな公務員の緒方に、男同士の恋愛相談を持ちかけられた佐伯は遊び半分で「男の抱き方を教えてあげますよ」と緒方を誘う。
けれど一転、優しそうにみえた緒方に組み敷かれてしまった佐伯は、なぜかそのまま気持ちよくされてしまい――!?
「遊んでそうにみえて…ここは、初心なんですね。本当に可愛らしい」
策略上手な公務員×哀れなヒツジのトラップラブ!
2月のある日、佐伯敬介のお隣に男が引っ越してきます。とても、自分とは話の合いそうもない真面目で律儀な公務員、緒方瑞希です。そんな風に思ってたのに、あることがきっかけで食事を共にしてみると、意外に話は尽きず、親しくなります。元々バイの佐伯、親切で夢を肯定してくれる緒方に好意を抱くようになります(そりゃもう夢精しちゃうくらいにね!)けれど、そんなこと言えるはずもなく、悶々とする佐伯。そんな気持ちでバーになんて行っちゃったもんだから、酔った勢いで男をお持ち帰り!しっかり緒方に聞かれてしまいます。

軽蔑覚悟でバイであることを告白すると、緒方の返事は意外なものでした。
「私の恋愛対象も男性なんです」
しかも、その相手というのが佐伯と同じ現場で働く榛原という男。協力して欲しいとも言われてしまいます。食事するだけの関係から発展したい佐伯はOKしてしまいます。それからは、会うたびに榛原のことを聞かれます。

その日も共に食事し、榛原の話になりました。思いの届かない苛立ちから、酔った佐伯は思わず男の抱き方を教えてやるなんて言ってしまいます。挑んでいったのはいいんですが、あっという間に形勢逆転!押し倒され気持ちよく喘がされてしまいます。それからも、なんのかんのと喘がされ、とうとうおいしくいただかれることに・・・。

数日後、佐伯は榛原とケンカしてしまいます。それまでも、かつての同級生・高橋に連絡を取ってくれと執拗に迫られてたんですが、佐伯が上手く約束を取り付けれなかったことに逆切れした榛原に殴りかかられ、思わずやり返してしまったんです。それが原因か榛原は仕事を辞めてしまいます。そのことを緒方に報告すると様子が一変します。あわてて家を飛び出す緒方。
やっと帰ってきた緒方は、今までと違っていました。緒方は刑事だったんです。

榛原はある組に借金があり逃走中、しかも逃走前に別の組から大量のヤクまで盗んでいたんですね~。両方の組を叩きたい警察は、榛原を泳がせ見張っていたんです。それで、なぜ佐伯に近づいたかというと榛原の言った「昔のダチにツテがある」という言葉が原因でした。昔のダチ、これは関西でヤクザになった高橋の事を指してたんですが、警察は佐伯のことと勘違いしてたんですね~。そこで、様々なテストをし佐伯をためしていたんです。結果、佐伯はシロ。

榛原の狙いは、何も知らない佐伯をパイプにし高橋にヤクを売りつけようとしてたんです。けれど、ヤクを売りつける前に榛原は姿を消してしまいました。榛原が頼るのは佐伯しかいない、そこで佐伯に協力を仰ぐため、全てを緒方は打ち明けたんです。ショックを受けた佐伯は協力はするが、別の刑事を寄越すよう、そして二度と会いたくないと言い放ちます。緒方は条件を飲み、黙って出て行きます。
一人取り残された佐伯ですが、二度と会えないのなら、せめて「緒方瑞希」が本名なのかだけでも知りたいと思い追いかけます。けれど、緒方には会えず・・・。

諦め家へと向かっていると榛原が現れ、高橋へ電話するように言ってきます。佐伯は高橋へ電話する振りで緒方へかけます。榛原へ変わりますが、榛原は気づかず言いたいことをいい電話を切ります。そして、佐伯を廃ビルへと拉致するんです。相手が榛原だけなら楽に逃げられたのに、運悪く榛原を追うヤクザまでやってきてしまいます。これは、完全に計算違いです!そこへ緒方から「これから、そちらにいく」と電話が・・・。慌てて「くるな!」と叫んだ佐伯は撃たれてしまいます。暴行を受け失神。気がつくと警察が乗り込んできていて、事態は終息へ・・・。失血のため、意識が遠のきながらも何とか緒方が好きだと告げます。

次に気がついたのは病院でした。そこで、元刑事の男から聞かされたのは意外な話でした。実は佐伯と緒方は4年前に一度出会ってたんです。潜入捜査を行っていた緒方は重傷を負ってしまい、たまたま通りかかった佐伯が病院へ運び助けていたんです。緒方は、その恩を忘れておらず佐伯が事件に関わっているのなら助けたい、そう思ってたんですね~。

入院中、緒方は一度も見舞いに来ず。退院後、携帯にかけてみますが、すでに解約されていました。

緒方が消えて2ヶ月ほどがたったころ、突然緒方が訪ねてきました。話がしたいという緒方に、もう傷つきたくない佐伯は背を向け拒絶します。そんな佐伯を抱きしめ、緒方はありのままの気持ちを告白するんですね~。会いたくて堪らなかった相手にそうされちゃあね~(苦笑)もう何でもいい、ここにいてくれれば・・・って我慢できず抱きしめ返すんですよ。

もう、なんだろね~。見た目、攻×攻なのよね!それが「かわいい」を連呼して抱く様は照れちゃってね~(笑)なんでお前が!?って自分でも思うんだけど・・・敬語な上に甘~~く囁かれちゃうとね~(照)想像以上にエロいわよ★こちら、4月に発売された文庫と合わせて全サがあるんですけど・・・どうしよう・・・迷うわ~!!4月発売の方は、ちょっと好みじゃないの!全サは「書き下ろしブック」なんだけど、この作品の番外編なら読みたいな~。締め切りは今月末!もうしばらく悩もう・・・。
スポンサーサイト
テーマ:BL小説
ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。