スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
唇は千幾百夜の擒 / ゆりの菜櫻
2011年02月01日 (火) | 編集 |
唇は千幾百夜の擒 (白泉社花丸文庫)唇は千幾百夜の擒 (白泉社花丸文庫)
(2011/01/20)
ゆりの 菜櫻

商品詳細を見る

楽天さん→【送料無料】唇は千幾百夜の擒(ゆりの菜櫻)

コミコミさん→唇は千幾百夜の擒(ゆりの菜櫻)


あとがきにね、「公安物」というよりラブラブ物になってしまいました!とあるんですがね~


うん!そうだね!!(元気良く!


☆あらすじ☆
「彼を知っています」と、警視庁公安部に所属する高遠和沙は、テロリストと接触予定のあるマフィア、アルベルト・ベントリーニの写真を見て口にした。
そこには学生時代に留学先で出逢い、情熱的に愛し合い、手酷く自分を捨てた男の顔があった。
いまだ彼への想いを捨てきれていない和沙だったが、上司命令で通訳として潜入捜査をすることになってしまう。
しかし再会した彼は、和沙を覚えていなかった。
アルベルトにとって、自分はとるに足らない存在だったのだと改めて気づかされ、傷つく和沙だったが…。

警視庁公安部に所属する和沙は、ほぼイタリアを拠点に諜報活動をしていましたが、突然日本に呼び出されます。呼び出された理由、それはカッサリアのテロ組織「ルカ」と同じくカッサリアのマフィア「ガレノーラ」が日本で接触すると言う情報が入ったからでした。
和沙はカッサリアへの留学経験がありカッサリア語が堪能だったんです。

上司に呼ばれ、老舗宝飾店「ヴァネーレ」に通訳として潜入するよう言われます。ヴァネーレには20年以上前からマフィアの幹部が入り込んでいるんです。
そして、今回通訳を必要としている男の写真を見せられ和沙は愕然とします。

そこに写っていたアルベルト・ベントリーニ、彼は和沙が留学時代に付き合い、手酷く捨てられた男だったんです。

和沙の家は警察一家。必然的に和沙も同じ道を進むことを義務付けられてました。しかし、和沙は建築家になるのが夢だったんです。その夢を捨てる代わりに1年間だけ自由を得、カッサリアへと留学していたんですね。そこで出会ったのがアルベルト。愛し合い恋人だと思っていたのに、そりゃあもう手酷いやり方で捨てられたんですよ!

本音としてはやりたくない、自信がない。
しかも今回の件にはイギリスのMI6(イギリス諜報部)も絡んでいると。
けれど命令され、やるしかなくなってしまいます。
アルベルトに家庭の事は話してなかったのも都合よくとられちゃったんですよね。

心臓が爆ぜそうに緊張しながら会った和沙にアルベルトは「初めまして」と。忘れてる?
いえいえ、忘れておりません!!
この作品、和沙視点だけでなくアルベルト視点もありまして、ちゃんと覚えているしまだしっかり気持ちが残っていることも書かれているんですよね。
この点は、わかりやすいと取るか、あっさりしてて物足りないと取るか意見がわかれそうですね。因みにりっこさんは、後者かな~。
微妙に匂う程度だったら良かったと思うんだけど・・・。
しかも和沙の正体もあっさり調べられちゃうし・・・。
そうなるとね、正体がばれない様に情報を聞き出そうとしてる和沙が、ちょっと滑稽に見えちゃったな。

いやいや、あんたもうばれてるよ・・・って(苦笑)

せっかくの公安物だけど、その描写より恋愛に関する描写の方がメイン。
公安物としての緊張感を期待してただけに・・・残念ねぇ~。
後は、まあMI6は誰なのか?というのが恋愛同様メインになってくるんだけど・・・この点は割と「におう人物」が結構いて。あの人だろう~とは思いつつも、いやもしかしたら?って感じもあっておもしろかったかな。

かつて、和沙を手酷く捨てたのにも再会した後、やっぱり酷い態度を取るのにもちゃんと事情があるんです。和沙のことを思っての行動なんです。
しかし、それよりも愛する気持ちの方が勝っちゃうんですよ。
アルベルトは「ルカ」の会合の日程を和沙に教えちゃうんですね~。
一方、和沙の方も数々の仕打ちを受けながらも気持ちは・・・。

そして、愛するが故に和沙がとった行動とは・・・。
なかなかに潔かったです!!ここのシーン、好きかも。

公安物と思って読んだ1回目は、ちょっとがっかりさせられたけど、感想書くためにもう1回今度はラブラブ物だと理解して読んでみたら結構おもしろかったな~(笑)
これから読まれる方は、ラブラブ物であることを了解してから読んで下さいね!そうしたら、たぶんおもしろいと感じられると思う、うん。
スポンサーサイト
テーマ:ボーイズラブ
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。