スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたに愛を乞う / 火崎勇
2011年02月04日 (金) | 編集 |
あなたに愛を乞う (ローズキーノベルズ)あなたに愛を乞う (ローズキーノベルズ)
(2010/11)
火崎 勇

商品詳細を見る

楽天さん→【送料無料】あなたに愛を乞う(火崎勇)


先日も火崎さんの作品の感想書いたんだけど、続いちゃった!笑
この間の「甘えてください」よりもコチラの方が個人的にはスキ!!
火崎さんの作風ってちょっと淡々としてる印象があるんだけど、この作品にはその感じが凄く合ってた様に思います。

☆あらすじ☆
真夜中の病院の屋上で出会った儚げな青年・鴇川凪は、「これから自殺する」と言う。ヤクザの冠主税は興味が湧き「死ぬ前に抱かせろ」と飢えた感情を剥き出しに言うと、怯えもせず凪が許諾する。想像どおりの艶やかさに死なすのが惜しくなった冠は、俺の愛人になればいい、と説き伏せると、初めて空虚だった瞳に光を灯した。凪の愛人生活が始まり、一時の幸せの日々を過ごすが……。悲しみを背負う凪と冠の愛のゆくえは!?.

追突事故で脚を骨折し入院していたヤクザの冠。脚以外は健康なわけで、酒・タバコが禁止の入院生活は退屈極まりないものでした。数日後に退院を控えたある日、病室を抜け出し真夜中の屋上でこっそり喫煙していると一人の若い男が現れます。
黙っているのも何なので声をかけてみる冠。
冠はガタイも良く、強面なので大抵の人間は怖がるのですが、この青年はそんなそぶりも見せず淡々と受け答えをします。しかも、彼が屋上にやってきた理由は自殺する為。
興味を惹かれた冠は「死ぬ前に抱かせろ」と言ってみます。するとこれも淡々と受け入れる彼。結局は口で御奉仕させるに留まるのですが、その姿に更なる興味がわき、死なせるには惜しいと思うようになるんです。
そこで冠は愛人話を持ちかけ名刺を渡します。

退院からしばらくたったある日、屋上で出会った彼・鴇川凪が名刺を手に冠を訪ねてきます。何も聞かないで欲しいと言う凪の言葉を聞き入れ、彼を連れ帰ります。
こうして二人の関係は始まったんです。

凪との生活は快適なものでした。しかし、それは凪を話し相手とするならば・・・で。凪自身に興味を持った冠は不満を感じるようになります。初めて出会った当初、凪は「死ぬ」という行為を自分の望みとして選び行動していました。しかし、今の凪は冠の望みに沿って行動している。そうする事で生きる意味を見つけ出してるように感じられイラついていたんです。そこで凪自身の望みで行動させようと突き放すんです。
突き放された凪は必死に考えます。そして、自身の望みとして愛人になりたい、冠が欲しいと答えるんです。

少々驚きですが、ここまで「本番」はなしだったんですよ~(笑)
手や口・素股はあったようですが、自身の望みとして抱かれようとしてるわけではないのが見え見えでその気にならなかったんだとか・・・。
文体は淡々としてるんですが、その淡々さが逆にエロチックに感じてしまいました。

この日から名実共に愛人となった凪。
全てが順調になったように見えていたある日、出掛けた先で「鴇川凪」について話すマダム達の言葉が耳に入ってきます。この話の内容が気になった冠は凪について調べるんです。
そうして知った凪の素性に、家へ帰すことを決めるんです。

凪が死のうとしていた理由。
愛人となること、愛されたいと望んだ理由。
それは全て彼の出生・生活環境に関っています。
しかし、それが明かされるのは最後の最後!
傍目から見れば凪は裕福な家に生まれ、十分に愛され、ぬくぬくと育ったように見えるんです。
ちゃんと言っちゃいなさいよ~~とジリジリするような展開(苦笑)
意味深なことを言うだけの凪に人によってはイライラするかも。

結局、凪は家へと戻ります。
忘れるべきとわかっていながら、忘れられないまま10日以上が経ったある時、冠は出席したパーティーで凪が入院したことを知ります。
矢も盾も堪らず、冠は病院へと向かうのです。
そこで全てを知り、凪も今度こそ冠と共に生きることを選び・・・。

なんだかんだありましたが、最後は甘々(笑)
冠ってば惚れぬいてますね!!ってか!!wwww
ところで気になる人物が・・・それは冠の秘書の山王。
今回、彼はさんざん面倒事を押付けられ、呆れさせられだったんですが
ラスト辺りの冠のセリフ
「困り事が出来たら全面的に協力する。特に恋愛事なら無条件で」
「次はお前の番かも知れねぇぞ」
そして、あとがき
「次に恋愛に翻弄されるのは山王です」

・・・書く予定ありですか?

・・・あるんですかい!?

待っちゃいますよ?あたし・・・。


スポンサーサイト
テーマ:ボーイズラブ
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。