スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薄紅のイフリス~愛の妖精~ / 須和雪里
2011年11月07日 (月) | 編集 |

薄紅のイフリス ~愛の妖精~ (白泉社花丸文庫BLACK)

新品価格
¥770から
(2011/11/7 00:46時点)



コミコミさん→薄紅のイフリス~愛の妖精~(須和雪里)

楽天さん→【送料無料】薄紅のイフリス~愛の妖精~(須和雪里)


☆あらすじ☆
ひねくれものの黒の妖精カシアンに、胸の糸を結びたいと想いを寄せてくるものの好きが現れた。薄紅の肌は初々しく、ピンクの唇は、思わずチューしたくなる愛らしさ。生まれたての愛の妖精ピーチベルだ。だが、優しいピーチベルはいたいけな顔して来る者拒まず。寂しい人をみると、つい情にほだされてしまう。好きじゃないはずなのに、ピーチベルの心が地へ向かうと、カシアンは不愉快になってしまい!?意地っ張りロンリーボーイと押しかけ女房の美人さんが睦みあう。ムフv恋のフェアリーテイル。今宵、夢のむこうで満ちる愛を貴女に。

花丸blackと言えばエロ!しかもイラストの佳嶋さんと言えば「少年人形(崎谷はるひ)」のイメージが強くって、てっきり耽美でエロイお話なのかしら?と思ってたんですが、そういった描写はほとんどなかった!!でも、お話がしっかりしてて「読ませる」といった感じだったからか、エロ描写がほとんどなかったことに読み終わってもしばらく気付かなかった(笑)まあ、元々エロを求めていたわけじゃなかったのも一因でしょうが・・・(笑)


生まれたての妖精・ピーチベル。
妖精にはそれぞれ使命があり、それがわからない者は消滅してしまうのです。そこでピーチベルはじぶんに似た姿形の妖精に聞こうと探すことにしました。そして出会ったのが、カシアンという黒の妖精。
黒の妖精とは、使命を行使できず浮遊物のようになってしまった妖精を消滅させることを使命としている者です。それ故他の妖精達からは、恐れられる存在なのですね。しかも、消滅させることで出来る種を糧とし千年妖精という、とても力のある妖精なのです。
しかし、ピーチベルは恐れることもなく笑いかけるんです。
常に恐れられることが当たり前だったカシアンからすると、とても驚くべきことだったんでしょうね。それから妖精として無知ともいえるピーチベルに柄にもなく忠告したりするようになるんです。

ある人間達のために働き始めたピーチベル。
しかし、糧を得ないまま力を使い続け、果てに気まぐれ妖精のラタファナに瞳を与えたことで消滅しそうになってしまいます。カシアンは苛立ちながらもピーチベルを助けます。
そしてピーチベルは自分が「心を結ぶ愛の妖精」であることを自覚するんです。

それからも、ピーチベルはカシアンに話しかけ大好きと積極的に近づいていくんです。けれど、「好き嫌い」なんていう人間的な感情が理解できないカシアンは、すっかりピーチベルに心をかき乱されちゃうんですね~。

このピーチベルとカシアンの関係は、押しかけ女房とツンデレ君といった感じで微笑ましくほのぼのしています。そして、ピーチベルが気にかける人間達の恋の行方も同様。
しかし、カシアンに心を寄せる大妖精・グリウルヴの存在がこの作品を深い物にしていたように思います。

大妖精となった理由。大妖精となったが故の孤独。
想う心が届かない切なさ。・・・考えちゃいますね~。

全体を見るとほのぼのした作品と言う印象が強いですが、読ませる部分はしっかり読ませてくれます。後、ちょっと注意としましては、ピーチベルがカシアンではなく人間の男とイタシテいる描写があります。攻め以外となんて認めないわ!!という方は気をつけられた方がいいかも~。
妖精は無性なんだけど、夢の中ではどうとでもなる設定らしいのです(笑)気にかける人間の恋を成就させる為に、夢の中に入って手ほどきをするシーンがあるんですね。りっこさんの中では「夢の中ならOK」なんですけど・・・(笑)

あ!後もう1つ!
人間達(ゼアティス×レミアス)の恋の行方が気になります!
こっちも出来れば書いてくれないかな~~!!

スポンサーサイト
テーマ:ボーイズラブ
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。