スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人魚ひめ / 深月ハルカ
2011年11月10日 (木) | 編集 |

人魚ひめ (リンクスロマンス)

新品価格
¥898から
(2011/11/7 03:49時点)



コミコミさん→人魚ひめ(深月ハルカ)

楽天さん→【送料無料】人魚ひめ(深月ハルカ)


☆あらすじ☆
一族唯一のメスとして大事に育てられてきた人魚のミルの悩みは、成長してもメスの特徴が出ないことだった。
心配に思っていたところ、ミルはメスではなくオスだったと判明。
このままでは一族が絶滅してしまうことに責任を感じたミルは、自らの身を犠牲にして人魚を増やす決意をし、そのために人間界へと旅立つ。
だが、そこで出会った熙顕という人間の男と惹かれ合い「海を捨てられないか」と言われたミルは、人魚の世界と熙顕との恋心の間で揺れ動き…。

この作品を読んでてですね、ある洋画を思い出しました。ご存知の方いらっしゃるかしら?「スプラッシュ」っていう映画。人間の男と人魚の女の恋のお話なんです。何分見たのがえっらい昔なんで、どんな始まりで結末がどんなだったか全然おぼえてないんですけど。ただね、陸に上がると尾ひれが足になるって設定が似てたんで思い出しちゃったんでしょうね~。まあ、思い出したってだけなんです、意味はなし・・・すんません(汗)
ちょっと思い出したついでに見てみたい気もするんですけどね~。だって今日知ったんですけど、主演俳優がトム・ハンクスだったんですよ(笑)人魚の印象が強すぎて、人間の男の方は全然・・・(苦笑)ごめんね、トム!


☆拍手、お礼!「騙された!」「狸といっしょ」に拍手、ありがとうございます!
ずっとメスとして大事に育てられてきた人魚のミル。ですが、間もなく18になろうかというのにメスの特徴が出ません。心配した父は薬師に診せることにします。すると、ミルはメスではなくオスだったことが判明。ミルは大きなショックを受けます。

ずいぶん前から人魚は数を減らしつつありました。理由は色々ありましたが、最も深刻な問題だったのが「メスが生まれない」ことだったんです。ミルは久々に生まれた、コロニーで唯一のメスだったんです。周りからもそれは大事にされて、自分がメスであることの重要性をよくわかってたんですね。
自分がメスでなかったことで、卵を産める者がいなくなってしまった。これでは一族は絶滅してしまいます。そこでミルは、ある決意を胸に陸に上がることするんです。

人魚は成人前であれば、ヒレを足に変化させることが出来るんですね。しかし、変化させている途中の段階で熙顕・響子姉弟に見られてしまいます。尾ひれを見て驚く二人ですが、響子の方がバイタリティ溢れると言いましょうか・・・(苦笑)あっさり人魚の存在を受け入れちゃうんですよね~(笑)しかもそこへミルを探しに来たシン(ミルの元婚約者)が現れるんですが、コチラの存在もあっさりと(笑)
そして、人間に変化したところでミルは熙顕に「人間の男として修行させて欲しい」と告げます。実はミルは人間の女性に卵を産んでもらおうとしてたんです。その為にも熙顕を手本に立派な「オス」になろうと思っちゃったんですね。

で、二人は同居し、さらにミルは熙顕の会社・モデルエージェンシーでモデルとして働くことになります。このミルに熙顕、振り回されちゃうんですね~(笑)
人魚だったから・・・というのを抜きにしてもミルは不器用というかドジ!年齢の割りに幼くもあります。そして、とにかく「卵を産んでもらう」ことに必死!!故に純粋な疑問として股間のモノは「どんな時にどうなるの?」だとか「精子はどうやって出るの?」とか一緒にお風呂に入りながら聞いてくるんです~!言われる方はたまったもんじゃない!!
なんたってミルの見た目は美少女なんですから(苦笑)それにこの段階ではまだ自覚ナシですが、確実にミルのことが「特別」なんですよね~。その後、ある事があってミルが陸に上がった目的を知り、自分の気持ちも自覚するんですけどね!

気持ちを自覚した後は、やっぱ触れたいという思いがね・・・(苦笑)色々と教えると言う名目で、キスしたり触れちゃったりするんです。気持ちを告げてはないんですけど~。でも、ミルを心配し一緒に陸に上がったシンから言われた言葉が切欠で思いを告げるんですねぇ~。
告げられたミルは悩みますよね。ここまで布石はしっかりあったんですが、熙顕のことは好きなんですよ。けど、だからと言って海や仲間を捨てることは出来ない。とにかくミルは人魚を絶滅させられない!って思いが強いんですよ。これも、皆から愛され大事にされた、純粋さ故なのかしら。

意外だったのは、このガチガチに固まったミルのこだわりを解いたのが熙顕でも響子でもシンでもなく、見ず知らずの女性だったってゆうね・・・(苦笑)ミルと絡むのはその1回きり。てっきりこうゆう役目は響子だとばかり思ってました(笑)じゃあ、響子は何の為に出てきたのかと言うと・・・人魚の未来の為です(笑)予想したとおりのラストではあったんですが、童話の人魚姫は悲恋で終わっただけにちょっとドキドキしてたんですよねぇ~。
癒される・可愛いラストでほのぼのさせて頂きました!
スポンサーサイト
テーマ:ボーイズラブ
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。