スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楢崎先生とまんじ君 / 椹野道流
2009年06月26日 (金) | 編集 |
楢崎先生とまんじ君 (二見シャレード文庫 ふ 3-14)楢崎先生とまんじ君 (二見シャレード文庫 ふ 3-14)
(2009/06/23)
椹野 道流

商品詳細を見る

ひゃ~い!!待ってました!「茨木さんと京橋君」に脇役として出てた二人がメインです~。
二人の出会いをそれぞれの目線で書かれています。
まず、前半・出会い~楢崎留学までが、まんじ目線。帰国~が楢崎先生目線。
まんじは、いばきょーカップルから、楢崎先生はメス花カップルから話を聞きだされるって感じで書かれてます。上手い持っていき方ですね~ww
自然に2カップルも出てきてて、1冊で3度おいしい・・・。ww

★あらすじ★
……早まったか、俺……

低血糖で病院に担ぎ込まれた間坂万次郎が出会ったのは、理想のパーツをすべて備えた内科医・楢崎千里だった。
パーフェクトな外見と、ポーカーフェイスかと思いきや意外と表情豊かで優しく、おまけに猫舌という可愛い弱点を持つ楢崎。
知れば知るほど好きになっていく万次郎は、やっとの思いで彼と結ばれるのだが…。
その後一度も会えないまま楢崎はアメリカへ留学してしまい――!? 
亭主関白受けとドMワンコ攻めの、究極のご奉仕愛!
まず前半はまんじ視点です。いばきょーさんに食事に招待され、このカップルから二人のなれそめを聞き出されるんですね~。

母子家庭で育ったまんじですが、高校1年で母親も亡くしてしまうんです。その後、なんとか高校は卒業しますが、卒業後は昼は「まんぷく亭」で、夜は道路工事のバイトをして生活してました。ある日、食事をし損ねたまま夜のバイトに行き、低血糖で倒れてしまうのですね~。
担ぎ込まれた先で楢崎に出会います。

楢崎はまんじの理想そのものの顔立ちだったんですね~。まずは、顔に一目惚れ。その後楢崎の意外な面に触れ、そのギャップに思わず下半身が反応しちゃうくらいに可愛いと思っちゃうんですよ。
けど、もう会う事はないだろうって(病院にかからない限りね~)諦めようとするんですよね~。
結構あっさりしてんのね・・・。

約1ヵ月後、偶然再会します。(楢崎は忘れてたけど・・ww)
このラッキーを逃すものか!と強引に自宅へ招き、手料理をご馳走するんですね~。手料理効果か、ちょっと打ち解け、まんじが一人暮らししてる理由を聞くんです。まんじって能天気そうに見えて苦労してるんですね~・・・。その話のあと、流れに任せて告白しちゃうんですね、まんじ。

熱烈に「好き、好き」言われて絆された楢崎は・・・乗っかります!(笑)
実演でご指導しちゃうんですよ。う~ん、大人のお勉強だ・・・。

翌朝、まんじは正式に(?)お付き合いの申し込みをしたんですが、楢崎の反応は大爆笑。
そして、クールに去るんですが、去り際に言った言葉をまんじが聞き逃しちゃった為に、その後1年まんじは楢崎に会えないんですね~。

では、後半楢崎視点。メス花カップルに誘われ、お弁当をつつきながら同棲に至るまでを聞き出されます。

1年の留学から帰国すると、マンションの前にはまんじが・・・。まんじってば待ち続けてたんですね~。一途だな~・・・、ワンコのようだ。
思わず名前を呼んじゃいます。「まさかまんじろう」って強烈だもんね、覚えてるよ~そりゃ。
名前を覚えててもらえたまんじの喜びようったら!もう、号泣・号泣・号泣!
また挿絵がいい感じなんだ~。目の幅で涙流してるから(苦笑)

ひとまず、ぐちゃぐちゃに(笑)なってるまんじを連れ、自宅へ。
そこで、改めてまんじから告白されるんですね~。丸1年待ち続けた事実や、泣き顔にやっぱりまた絆されちゃうんですよ。その後も着実に絆され続け、またも乗っかることに(笑)
朝になったら叩き出すつもりだったのに、まんじが朝から晩まで働く理由を聞いたら、お人よし加減に心配になっちゃって・・・つい言っちゃうのね~

「食うに困ったとか何か相談したい事があったら、ここに来い」・・・って。

言ったら、もう負けだよね!通ってくるようになり同棲へ・・・そして現在同棲4年。
楢崎は同棲じゃない、置いてやってるんだ!なんて言ってますがね(苦笑)
結局のところ、他の人がすると引いちゃうような事でも、まんじなら受け入れてるってことは、ちゃんと惚れてるんだよね~。ちょこちょこと「デレ」を見せてはいるけど~早く完全な「デレ」が見たいな~!


今回は「出会い編」だったわけですが・・・続編、出て欲しいな~!
是非とも「現在の二人」とか「楢崎のデレ」が見たいです~!!

んあっ!?よく考えたらエロがほとんどなかったね~。
でも、そんな事も気にならないくらい、まんじの「純朴大ワンコ」ぶりにやられちゃいました★あんな一途に思ってくれて、家事も出来て・・・うちにも欲しいよ、まんじ・・・。
スポンサーサイト
テーマ:BL小説
ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。