スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共犯者(ロッセリーニ家の息子) / 岩本薫
2009年07月06日 (月) | 編集 |
共犯者  ロッセリーニ家の息子共犯者 ロッセリーニ家の息子
(2009/06/30)
岩本 薫

商品詳細を見る

『ロッセリーニ家の息子』シリーズ新作がついに・・・!

お値段、約1500円・・・しばし本を手に迷いました(苦笑)
でも、『シリーズ新作、ついに登場!』なんて書かれちゃあね~、レジに行くさ・・・(爆)
内容は書き下ろしもありましたが、雑誌に掲載された短編とCDのブックレットのSSが収録されてました。嬉しいですね~。雑誌掲載作品は文庫化などの折に収録されることがありますが、ブックレットの作品が収録されるのってなかなかないと思うんですよ。(知らないだけかな?)実はりっこがCDを購入する一番の目的ってSSなんです~。このシリーズのCDは1枚も持ってなかったんで、読めてラッキー♪
お値段に思わず『ウッ!』となりましたが、買ってよかった!!

★あらすじ★
俺は未来永劫、おまえだけを愛し続ける――。

マフィア一族・ロッセリーニ家3兄弟───レオナルド、エドゥアール、ルカ。
そして彼らの恋の共犯者である瑛、礼人、マクシミリアン――。
恋という、罪にも似た秘密を共有する男たちが贈るスペシャル・ラブ・ロマンス!

岩本薫&蓮川愛で贈る、渾身の一冊が遂に登場!
略奪者 another story1
本編でレオが怪我を負い入院します。その彼が退院した当日のお話。
プライベートチャペルで二人きりの結婚式♪永遠の愛を誓い合います。
とても感動的なんですが、式を終えた後のレオがお茶目です(苦笑)

略奪者 another story2
とても短いお話ですが、レオの瑛に対する愛情が感じられます。
瑛の名前をつけたワインを15年後に呑もうと言うんですよ。
15年後も共にいる、そう信じてる・・・素敵じゃないですか~。

守護者 another story1
マクシミリアンが仕事でローマに帰ってしまい、寂しいルカ。
友人にも指摘されるくらい表情に出ちゃってるんですね~。ご丁寧に友人はマクシミリアンにそれを伝えちゃったもんだから、そんな表情を他の男に見せたお仕置きを・・・。
何をされたかは読んでのお楽しみ~~★

守護者 another story2
連休を利用しルカは、こっそりイタリアに帰国。理由はマクシミリアンの誕生日を祝うため。
プレゼントはカフリンクスともう1つ。もう1つのプレゼントのせいでまたも『お仕置き』。
ルカの感想は、『すごかった・・・』だそうです(笑)
笑い要素もありますが、ラストはしっとりです。

捕獲者 another story1
仕事の関係上、そうそう会う事が出来ないエドゥアールと礼人。そんな礼人の下には頻繁にエドゥアールからプレゼントが・・・。プレゼント魔だったんですね~苦笑
礼人はお礼に自宅に招待し、和食でもてなします。
ドルチェは、もちろん『礼人(笑)』です~。

捕獲者 another story2
冒頭に『独裁者の恋』の水瀬祐が登場します。祐が初めてサイモンに会うために『カーサ』に出向くシーンとリンクしてるんです。こうゆうの嬉しいですね~☆思わず、ニヤリ!

共犯者
第1章 マクシミリアン×ルカ この作品は雑誌掲載作です。
第2章 レオナルド×瑛
第3章 エドゥアール×礼人
第4章 マクシミリアン×ルカ  2・3・4章は書き下ろしです。

それぞれのカップルのクリスマスはテーマになってます。
すでに出来上がったカップルばかりなので、想いが通じ合うまでのドキドキとかはないですけど、本当に幸せそうで(多少問題が発生したカップルもありましたが)読んでるコッチもフンワリ幸せな気持ちに、優しい気持ちになれました。
特にエドゥアール×礼人。エドゥは、ずっと『ファミリー』にわだかまりを持っており家にもあまり寄り付かないようにしてたんです。レオとも、ちょっと上手くいってなかったんですよね~。
けれど、ラストで礼人を家族に紹介したいと言ってるんです。すごい進歩!!
これも、礼人という伴侶を得て、幸せだからこそですよね。レオと上手くいってないのは、ずっと気になってたので、この作品でやっと心からホッとできました。
ただ心配事も1つ・・・兄弟全員、伴侶が同性なわけなんでね~
ロッセリーニ家の後継者はどうなるんだろう・・・?苦笑
ここは一つ、パパにもう一頑張りしてもらうべきなのか・・・?笑
まあ、余計なお世話ですかね~。

このシリーズって、これからどうなるんだろう?終わり?
まだまだ続いて欲しいな~・・・。今回はカップルそれぞれのクリスマスだったけど
是非『家族』でのクリスマスも見たい!
新作が出ることを期待したいですね☆
スポンサーサイト
テーマ:BL小説
ジャンル:小説・文学
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。